ぶ〜たんの刻の涙 Third Phase

アクセスカウンタ

zoom RSS 【保守】17年8月号刀剣誌上鑑定は、なんか夏バテ

<<   作成日時 : 2017/08/12 23:30  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

梅雨が梅雨らしくなく猛暑だったので、8月初頭には夏バテしました。
ヘロヘロの中での夏休み、刀剣美術はいつになるかと思ったが、今月号は12日、珍しく土曜日に届いた。
日本刀の雑誌を手に、ああ盆には日本刀の油を取り変えないとな〜とか思いつつ、今月の問題に取り組む。

まずは押形、刃文だけなら備前伝風。パッと見慶長新刀、三品風に弛んだ帽子、刃中にはっきりした沸の固まった金筋、匂口深くて沸の強そうな互の目丁子乱れ。石堂系にしては沸強そうだし、困ったときの国路あたりかな。

ちょっと夏バテ的に散漫な印象なのでヒントを見る。体配はおおよそ慶長新刀かと思ったが、反りが深いところと「無地風」の肌からここは新々刀と言いたいのだろう。足が総体に長く入るところもそうかなあ。

新々刀だと知っているのは清麿系、固山宗次、江戸石堂七代目の運寿是一あたり。清麿系で無地肌というのはあまり記憶にない。宗次は無地肌多いけど匂口が締まる印象だ。そうすると石堂の運寿是一かなあ。運寿は沸沸という記憶があるので押形刃文のファーストインプレッションとも整合するし、何より備前伝。

というわけで、夏バテなので深く考える気力もなく、今月はあっさりと「運寿是一」としておきたいと思います。

あ、そういえば先月は康継で当たりでした、なんだかな〜という中での回答でしたので、ちゃんと正解した気がしないです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【保守】17年8月号刀剣誌上鑑定は、なんか夏バテ ぶ〜たんの刻の涙 Third Phase/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる